僕は最近、中国の習近平国家主席の動きに注意を払っている。政権を批判する者に対する手荒な行為が目立つからだ。

僕の親しい人間も逮捕されている。小泉純一郎政権の頃、小泉氏が毎年、靖国神社に参拝していたので、日中関係が非常に悪化していた。そこで僕は、親交があった当時の駐日中国大使・王毅氏(現・外相)に、「日中関係が悪化しているので、日本と中国の意見交換の場をつくろう」と提案した。

王毅氏は中国政府に働きかけ、日中ジャーナリスト交流会議の開催が実現した。日中の新聞、テレビ、通信社に所属するジャーナリストやフリージャーナリストたちを、日本から8人、中国から8人集め、1年に2回、北京と東京で交互に行われることになった。

中国側座長は劉北憲・中国新聞社社長、日本側座長は僕が務めた。

今月21日、その劉北憲氏が逮捕されたという連絡を受けた。日中ジャーナリスト交流会議の中国サイドは、日本で言えば内閣の広報担当者、つまり政府が仕切っている。その中国側の座長が逮捕されたのだ。

さらに先日は、「ポスト習近平」のナンバーワンと言われた前重慶市党委員会書記の孫政才政治局員が失脚し、非常に大きなニュースになった。

習近平は、なぜ次々と有力者を逮捕しているのだろうか。

中国は革命家の出現を恐れている

習近平政権は、今年秋の党大会で成立から5年を迎える。そこで習近平は、2期目の最高指導者として再任される予定だ。

どうも習近平は、あと5年どころか、終身主席を狙っているのではないか。つまり、第二の毛沢東になろうとしているということだ。そのために、邪魔になる人間を次々に粛清していると考えられる。

なぜ、こんなことをやるのだろうか。逆に考えると、今、習近平体制は相当危うい状況に陥っているのではないかと思う。

数年前、中国共産党の幹部から、「中国政府が一番恐れていることは、ゴルバチョフのような人間が出てくることだ」という話を聞いたことがある。ソ連のゴルバチョフは1985年に大統領就任後、ペレストロイカを唱えて改革に取り組んだ。その後、ソ連共産党は解体され、ソ連自体も崩壊することになった。

冷戦時代は、ソ連国内の経済が混乱し、完全な闇経済が形成された。そこで、プーチンは政権を握ってから経済危機の原因となった新興財閥と徹底的に戦い、ようやく国内の経済が安定した。

ソ連が崩壊したのは、ゴルバチョフのペレストロイカが発端だった。この歴史を見ていた中国政府は、絶対にゴルバチョフのようなリーダーを出すわけにはいかないと考えている。

ところが、中国でも少しずつ風向きが変わってくる。胡錦濤・前国家主席の時代、「中国革命の父」と呼ばれた孫文のような人物が、少なからず取り沙汰されるようになったのだ。

以前、僕は中国の知人から「田原さん、一度中国へ来て、孫文のような人たちを取材してほしい」と誘われたことがあった。ところが習近平体制になると、彼らが逮捕されそうになり、僕も日本に引き揚げざるを得なくなった。

中国は、多民族国家だ。共産主義が崩壊すれば、中国は解体する。だから、中国共産党は一党独裁体制を死守している。中国が選挙を一切しないのもそのためだ。

習近平が持つ危機感

今、習近平は、批判する者に対する締め付けを強化している。脅威となりうる人物を次々に拘束している。いささかでも反対を唱えた人物は、すべて逮捕する。それは、逆に言えば、習近平が革命を強く恐れているからだ。

先にも触れたが、習体制盤石ではない。逆に危機感を持っている。

ここで歴史を振り返ってみよう。ソ連の独裁者スターリンは、何千万人もの国民を大虐殺した。中国の毛沢東も、共産党を批判する者を消すために、粛清という名の大虐殺を行った。なぜ、そんなことをやったのかと言えば、独裁政治でなければ共産主義を維持できないと考えていたからだ。

1960年代、日本ではソ連が理想の国だと考えられていた。僕もそう思っていた。しかし、当時、実際にソ連に行って取材をしたところ、言論の自由が全くないことを知った。僕は、この国はダメになると確信した。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/082400034/

(>>2以降に続く)

コメント一覧
(>>1の続き)

では、なぜ、ソ連に言論の自由が全くなかったのか。自分なりに調べてみた。

人間とは、本能的に競争心がある。誰もが、いい学校に入り、いい仕事に就きたいと思う。ところが、競争心を認めると共産主義は成立しない。そこで競争心を封じ込めるためには、言論の自由を一切認めないことが必要になる。

しかし、それでは国が発展しなくなってしまう。そこでソ連政府では、企業に「年間これだけの業績を上げろ」とノルマを課すようになった。生産性や需要などは一切考えず、企業はただノルマをこなすだけでいい。

締め付けを続ければ中国は破綻する

こうして共産主義を維持してきたわけだが、中国では経済が自由化してしまった。国民は皆、競争心を持っている。すると、独裁体制、選挙のない体制に対し、国民の中で不満が広がっていった。それに対する危機感が、胡錦濤政権の後半から強まっているのだ。

しかし、締め付けを続ければ、中国は破綻する。暴動が起こり、共産党一党独裁体制は倒れるだろう。

問題は、日本が中国とどう付き合っていけば良いのか、ということだ。

今、日本では、「中国脅威論」が非常に高まっている。特に右寄りの人は、中国脅威論を支持し、日本は防衛力を強化すべきだと考えている。僕は、その思想は非常に危険だと思う。

日本の歴史を明治時代から振り返ると、日本はずっと中国と戦い続けてきた。日清戦争、満州事変、日中戦争、太平洋戦争、長い間、日中は対立を深めてきた。これは、日本の失敗だったと僕は思う。日本は中国と友好関係を築くべきだ。

一部の調査では、日本人の9割が中国に対して良い印象を抱いていないという。実際、日本では、中国や韓国を批判する書籍がよく売れている。

危ないムードになりつつある。このように脅威を外に作ろうとする構図は、戦前の日本に少し似ていると感じるのだ。日本は、同じ失敗を繰り返してはならない。

田原 総一朗
ジャーナリスト
1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。1987年から「朝まで生テレビ!」、2010年から「激論!クロスファイア」に出演中。
新しいスタイルのテレビ・ジャーナリズムを作りあげたとして、1998年、ギャラクシー35周年記念賞(城戸賞)を受賞。また、オピニオン誌「オフレコ!」を責任編集。
2002年4月に母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講。塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生たちの指導にあたっている。

(おわり)
天安門忘れたのか?脳みそ入ってますかー?
>>1
普通だろ。
むしろお前が日本をダメにする。
バカなの。それ中道だから。
左はクルクルパーの天然パーマンだろ
>>1
もうお役ごめんのお爺ちゃんだし
右とか左とかに関係なく国防は国民の自由と安全を守るために必要なもの
右 リアリスト
左 平和ボケ
デイサービスでやれ