ここでは、南武線についての車両、直通、その他についてよくある質問や疑問点とその答えを掲載しています。南武支線についてもこちらにあります。質問や疑問点の大半をここに集計しているので、ぜひご活用ください。

分からないことや疑問点、知りたいことがある場合は遠慮せず、ぜひ質問して下さい。お待ちしています。

 

快速、ダイヤに関しては、こちらをご覧ください。

 

ここでは敬体ではなく、常体 (~だ、~である) を用いて説明していますので、あらかじめご了承ください。

 

 

南武線Q&A

車両関連

Q、8両編成に出来ないのか?
A、津田山駅のように踏切に囲まれ、ホーム延長が不可能な駅がある。JRはドアカットを嫌うのでやらない。そもそも、車両基地の大幅な増設が必要で非現実的。ただ7両編成なら可能かもしれない。

ただ、川崎市は今後、JR南武線の長編成化に向けた取組を推進すると言っている。

Q、現在はどのような車両が走っているのか?
A、E233系8000番台と209系の2200番代。

209系0番代は2015年2月、205系の0番代は同年12月、1200番代は2016年1月をもって運用を離脱した。


Q、新しいE233系にすべてが置き換わるのか?

A、6両編成が35編成、全部で210両のすべてが置き換わるらしい。現在36編成あるのですべてが置き換わるかは不明。

 

Q、既存の205系や209系は廃車か?

A、一部は廃車。一部はインドネシアに送られている。

 

Q、南武線の編成が知りたい。

A、こちらを参照。(pdfだがこちらも)

 

Q、南武線の運用が知りたい。

A、こちらかこちらを参照。

 

 

 

直通関連


Q、武蔵野線と直通出来ないのか?
A、武蔵野線は8両編成のため、両数が合わない。直通する場合、下図より府中本町駅のホームがない所を通るので、府中本町駅を通過し、運転手、車掌の交代が不可能。(同様の質問) 


Q、京浜東北線と直通出来ないのか?
A、京浜東北線は10両編成であるため、都心に6両編成を走らせるのは輸送力不足。そもそも、川崎駅で線路をまたぐので、ダイヤ上のネックになる。保安システムの問題もある。線路がつながっている部分はすでに使えない模様。そもそも、東京方面に向かう客が20%程度。

Q、青梅線と直通出来ないのか?
A、需要が少ない。直通運転させるためには立川駅配線の変更等の投資が必要。両数も違う。

Q、五日市線と直通出来ないのか?
A、どちらも6両編成であり、20分に1本なら、現在単線の立川-西立川短絡線のままでも実現可能の可能性もあるが、需要とJRのやる気が必要。

 

 

その他

Q、武蔵小杉~川崎間の高架はいつか?
A、川崎市が概要を出している。

Q、次の南武線のダイヤ改正はいつか?
A、JR東日本の2015年度のダイヤ改正によると、快速電車は快速区間を稲城長沼~立川まで延長し、それによって中野島、矢野口を新たに通過駅とする。稲田堤は停車駅になる。補完として各駅停車稲城長沼行を立川行とする。(JR東よりpdf、八王子支社よりpdf。)また、毎年12月中旬~12月下旬頃に3月の改正が発表される。

Q、南武線の利用者は増えているのか?
A、平均通過人員は以下のようになっているので利用者は増えている。(支線も含む)
92,591(1987)、120,692(1992)、129,008(1997)、130,465(2002)、131,797(2003)、133,284(2004)、136,584(2005)、140,642(2006)、145,539(2007)、147,900(2008)、148,488(2009)、146,825(2010)、147,711(2011)、 150,583(2012)、155,678(2013)、156,754(2014)
JRのサイトより

Q、南武線のどのような点を改善すべきか?
A、武蔵小杉下りの19~20時代は、電車の混雑が激しく、乗り切れないほどである。電車の間隔が7分以上箇所もあり、ホームも人であふれ危険である。登戸行きなど途中駅どまりを増やし、間隔を5分以内にすべきである。また、登戸上りの18~19時代は立川始発が体が触れ合うほどの混雑にも関わらず、登戸に到着する電車が折り返し回送になるので、営業車として運転し、運転間隔を短くすべきである。また、南武線立川口は、休日や深夜以外の夜間でも、15~17分程度間隔があくことがよくあり、乗り換え時に不便なため、立川口の増発も必要である。また、土休日の日中は電車の混雑が激しいので、各駅停車を毎時8本にすべきである。

Q、なぜ武蔵がつく駅が多いか?
A、武蔵がつかない同一の駅が存在するから。(小杉は二つある。)
小杉(こすぎ)……北陸本線(富山県)など
中原(なかばる)…長崎本線(佐賀県)
新城(しんしろ)…飯田線(愛知県)
溝口(みぞぐち)…播但線(兵庫県)
武蔵とつく駅は、後述。


Q、南武線の利益はどのくらいか?
A、1年で旅客運輸収入が約270億3300万円。営業係数が公表されていないので何とも言えないが、約35〜40%が利益として、95〜110億円/年?

 

Q、南武線の歴史が知りたい
A、南武線wikipedia

 

 

南武支線 Q&A

 

南武支線でよくある質問です。

 
Q、南武線とは何が違うか?
A、南武線は川崎~立川の路線、南武支線は尻手~浜川崎の路線。南武線は本線という扱いになる。

Q、尻手での乗り換えはすぐ出来るか?
A、南武支線と南武線の立川方面は同一ホームである。川崎方面は階段を一旦降りて、一度上がる必要があるため、余裕を持つなら3分ほど必要。

Q、車両は?
A、205系1000番台を使用している。

 

 

補足追加 (武蔵とつく駅)

 

リンクはwikipediaです。

武蔵五日市駅 (五日市線) 、武蔵浦和 (埼京線武蔵野線) 、武蔵小金井 (中央線) 、武蔵小山 (東急目黒線)、武蔵境 (中央線西武多摩川線) 、武蔵白石 (鶴見線) 、武蔵新城 (南武線) 、武蔵砂川 (西武拝島線)、 武蔵関 (西武新宿線) 、武蔵高萩 (川越線) 、武蔵小杉 (南武線東急東横線東急目黒線横須賀線湘南新宿ライン)、 武蔵塚 (JR九州豊肥線)、 武蔵中原 (南武線) 、武蔵新田 (東急多摩川線)、 武蔵野台 (京王線) 、武蔵引田 (五日市線) 、武蔵藤沢 (西武池袋線)、 武蔵増戸 (五日市線) 、武蔵溝ノ口 (南武線) 、武蔵大和 (西武多摩湖線)、 武蔵横手 (西武池袋線) 、武蔵嵐山 (東武東上線) 、宮本武蔵。 廃駅は武蔵駅 (

五日市線)。

 

 

南武線の目次に戻る

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • 南武線 電車の間隔、混雑状況
  • 南武線 (快速)停車駅と所要時間