本来優勝争いはどうなると書くべきところだが、優勝
候補は白鵬以外あげにくいのが現状である。ここ1年で
最後まで優勝争いをしたのは五月場所の稀勢の里、七月
場所の琴奨菊、九月場所の逸ノ城、十一月場所の鶴竜、
三月月場所の照ノ富士とめまぐるしく変わったが、共通
しているのはいずれも白鵬を追いかける展開だったこと
である。そして追いつけなかったことである。
150429稽古総見幕内 350
<白鵬と逸ノ城の稽古>
 
五月場所は誰が白鵬と優勝争いをするか。期待したいのは
若手で伸び盛りの力士である。となると照ノ富士と逸ノ城
しかいない。彼らがどこまで期待に応えるか。大鵬は入幕
6場所後に優勝し、大関に昇進した。照ノ富士と逸ノ城
には気迫と地力で本気で優勝を目指してほしい。

あるメディアで「白鵬 今年限りで引退の衝撃情報」と
いう記事が出た。主なポイントとなる箇所は以下である。
1.三月場所照ノ富士とまわしの取り合いに負け、その
あげく負けたのが相当ショック
2、まわりが弱いから優勝しているが、バタバタした
相撲、小技の相撲が目立ってきた
3.審判部批判で記者とは冷たい関係、協会上層部を
敵にまわしてしまった。
4、国籍変更なしで親方の道がない以上相撲を取り続ける
メリットはない
と報じているのだ。
150509夏初日前日 003
<照ノ富士>
 
これが仮に的を得ているとしたら、敵は対戦相手ではなく、
自分の内面、気持ちの問題である。大相撲が100メートル
競技でいう9秒台でこれたのは白鵬の実績である。白鵬が
仮にいなくなれば、10秒台の優勝という見たくもない展開に
なる可能性がでてくる。

白鵬の精神力はそんなやわなものとは思わないが、ただ
親方への道を完全に閉ざされれば、一気に気力を失う
懸念がないとは言えない。すべては明日から始まる五月
場所の白鵬の相撲内容を直接目撃するしかない。
150509夏初日前日 164
<白鵬>
 
遠藤の相撲も注目である。三月場所負傷で休場し、五月
場所の出場が危ぶまれたが出場に踏み切った。ただ、
遠藤の稽古を見た方が異口同音に語るのは不安が残る点
である。出場すると決めた以上、途中休場する姿は見たく
ない。吉とでるか凶とでるか遠藤の大勝負が始まる。


記事をお読みいただきありがとうございます
よければこちらをクリックいただけると幸いです。”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


相撲 ブログランキングへ 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑