昭和の大相撲を揺るがした春秋園事件。番付の方屋を
占めた出羽海部屋が事実上の崩壊に至った。それはどう
いう流れでいたったか、しぼって展開する。1月10日
出羽系中心の力士は大日本新興力士団として旗揚げする
ことに決定した。

1月12日に右翼団体国粋会が調停を申し入れるが、大日
本新興力士団はこれを断った、その夜、武蔵山はひそかに
春秋園を脱出した。このあとも国粋会との調停は続くが、
物別れに終わり、1月16日出羽ヶ嶽を除く新興力士団は
詫びとして髷を切った。
武蔵山。
<武蔵山の絵葉書>
 
1月25日武蔵山が出羽海部屋に帰参した。3日前に本場所
開催を決定していた協会は喜んだ。しかし、誠意なき
回答の協会に利用されるとふんだ東方力士9人と十両
力士8人が革新力士団として脱退した。後に剣岳も加わっ
た。十両以上で残ったのはわずか15力士であった。

元両国(前名国岩)の出羽海は責任を取って取締を辞任し、
相談役となった。混乱は1年間続いたが、新興力士団と
革新力士団の興行は最初こそうまくいったが、最終的には
いきづまり、脱退組のうち武蔵山を含め鏡岩・朝潮・出羽
ヶ嶽ら22人が最終的に協会に復帰する結末を迎えた。
これまでの力士の動きをまとめると以下になる。

 東           幕内 西
玉 錦                大関武蔵山 第1次脱退、後復帰
能代潟                張出大ノ里 第1次脱退
清水川                関脇天 竜 第1次脱退
幡瀬川                小結綾 桜 第1次脱退、後復帰 
沖ツ海                筆 頭出羽ヶ嶽 第1次脱退、後復帰
鏡 岩 第2次脱退、後復帰 2 信夫山 第1次脱退
朝 潮 第2次脱退、後復帰 3 和歌嶋 第1次脱退、後復帰
高 登           4 山 錦 第1次脱退
錦 洋 第2次脱退     5 藤ノ里 第1次脱退
太郎山 第2次脱退、後復帰 6 大和錦 第1次脱退
雷ノ峰 第2次脱退     7 新 海 第1次脱退、後復帰
吉野山                  8 高ノ花 第1次脱退、後復帰
若葉山                  9 錦華山 第1次脱退、後復帰
古賀ノ浦               10 肥州山 第1次脱退
寶 川 第2次脱退、後復帰 11 大 崎 第1次脱退
大 潮                  12 常盤野 第1次脱退
綾ノ浪 第2次脱退     13 常陸嶋 第1次脱退
若瀬川                  14 伊勢ノ濱第1次脱退、後復帰
海光山 第2次脱退、後復帰 15 玉 碇 第1次脱退
剣 岳 第2次脱退       16 外ヶ濱 第1次脱退、後復帰 

 東          十両 西
常 昇 第1次脱退     1 旭 川
金 湊 第2次脱退、後復帰 2 羽後響 第1次脱退 
銚子灘 第1次脱退、後復帰 3 太刀若 第2次脱退、後復帰
番神山 第2次脱退、後復帰 4 綾 昇 第1次脱退、後復帰 
霞ヶ浦 第1次脱退     5 盾 甲 第2次脱退、後復帰
双葉山                  6 鳴 潮 第2次脱退
潮ノ濱 第2次脱退     7 駒 錦 第1次脱退 
磐 石 第2次脱退、後復帰 8 倭 岩 第1次脱退 
大 鶴 第1次脱退     9 鳴戸潟 第1次脱退 
石 山 第1次脱退     10 大ノ濱
綾 若 第1次脱退、後復帰 11 上宮山 第2次脱退

出羽海をめぐる混乱は1938(昭和13)年に新たな形で
起こった。