相変わらず、「口」の軽い方が、内閣内には大勢おられるようで、 相変わらず「緩みっぱなし」のようです。

 

 自身の発言に対して、「不適切さ」を指摘されると、「心にもない言い訳」と、「反省の態度」を示したうえで、「撤回」とか「取り消し」とかで幕を閉じたがりますが、個人的な「雑談」や「協議」の場なら兎も角、「打ち合わせ」や「会議」や「委員会」などの「公式の場」で発言したことは、「速記者」(議事録作成者)の「忖度」がない限り、全て「議事録」(速記録)の中に「残り」ます。

 どこかの「国税庁長官」が、「森友問題」関連の「国会審議」で答弁した、「消した」とか「捨てた」とかいう文言は「あり得ない」のです。

 

 副大臣たる者、しっかりと肝に銘じてほしい。

this.kiji.is

 

 「欧州」では、「ヒトラー」と発言しただけで、普通に「辞任」に追い込まれるそうです。この人、何回目かな?

www.jiji.com

 

 

 誰が作ったかわからない「怪文書」ではなく、「音声データ」まで出てきた。 

 「財務省」は、まだ、「悪あがき」をしている。

news.biglobe.ne.jp

 出所が明らかでない(信憑性がない)というのなら、「ボイスレコーダー」の解析で強力な事故解明のツールになる「声紋鑑定」でもすればよい。

www.tokyo-np.co.jp

 

 

 

 

 さて、今日は予報通りのお天気。朝から「涼しく」、霧雨のような「雨」が降ったり止んだり・・・。

 とにかく、「涼しい」のは、体調に不安を抱える者にとっては「有難い」。これで、「草木」も元気を取り戻して「枝葉」を張ってくれるだろう。

 

 今春から今夏にかけて、我が家の「庭」は大変だった。

 

 「若葉」が出るころに「