開催年 大会名 開票イベント 第1位メンバー
(選出回数)
選抜メンバーによるリリース曲
会場 司会
第1回 2009年 AKB48 13thシングル選抜総選挙
「神様に誓ってガチです」
赤坂BLITZ
(東京都港区)
戸賀崎智信
茅野しのぶ
前田敦子 (1) 言い訳Maybe
第2回 2010年 AKB48 17thシングル選抜総選挙
「母さんに誓って、ガチです」
JCBホール
(東京都文京区)
徳光和夫
木佐彩子
大島優子 (1) ヘビーローテーション
第3回 2011年 AKB48 22ndシングル選抜総選挙
「今年もガチです」
日本武道館
(東京都千代田区)
前田敦子 (2) フライングゲット
第4回 2012年 AKB48 27thシングル選抜総選挙
〜ファンが選ぶ64議席〜
日本武道館 大島優子 (2) ギンガムチェック
第5回 2013年 AKB48 32ndシングル選抜総選挙
〜夢は一人じゃ見られない〜
日産スタジアム
(横浜国際総合競技場/神奈川県横浜市港北区)
指原莉乃 (1) 恋するフォーチュンクッキー
第6回 2014年 AKB48 37thシングル選抜総選挙
夢の現在地〜ライバルはどこだ?〜
味の素スタジアム
(東京スタジアム/東京都調布市)
渡辺麻友 (1) 心のプラカード
第7回 2015年 AKB48 41stシングル選抜総選挙
〜順位予想不可能、大荒れの一夜〜
福岡ヤフオク!ドーム
(福岡ドーム/福岡県福岡市中央区)
指原莉乃 (2) ハロウィン・ナイト
第8回 2016年 AKB48 45thシングル選抜総選挙
〜僕たちは誰について行けばいい?〜
HARD OFF ECOスタジアム新潟
(新潟県立鳥屋野潟公園野球場/新潟県新潟市中央区)
指原莉乃 (3) LOVE TRIP/しあわせを分けなさい
第9回 2017年 AKB48 49thシングル選抜総選挙
〜まずは戦おう!話はそれからだ〜
豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチ
(沖縄県豊見城市)
     

 上記の表はウィキペディアのAKB総選挙の項目から引用した。コピーしてペタっと貼るだけで、きれいにブログに収まる。便利なものだな。

 総選挙の第1回から第4回までは、前田敦子と大島優子がセンター争いで死闘をくりひろげていた頃。前田大島のライバル関係で盛り上がり、AKB総選挙が最も熱かった4年間だ。前田大島が交互に1位になり、バランスはとれていた。

 前田大島の勝敗は、前田敦子が2勝2敗、大島優子が2勝2敗で互角の結果。つまり2人のアイドルとしての格はほぼ同等ということだ。前田が優れていたわけでもなく、大島が劣っていたわけでもない。

 完全なイーブンの結果だから、不自然なほどバランスのとれた結果なのである。

 前田も傷つかなかったし、大島も傷つかなかった。そして2人は共に太田プロ所属だから、前田大島のバトルにより太田プロは美味しかったわけである。

 前田が売れたから得をしたし、大島が売れたから得をした。2人が争うことによりさらに売れたのだから、相乗効果による利益があったわけだ。

 前田大島のセンター争いに変化が起きたのは、第5回の総選挙。指原莉乃が1位をとり、センターへ。セックススキャンダルからの大復活という劇的なフィナーレで幕を閉じた。

 しかし指原も太田プロ所属。

 AKB総選挙が始まって以来、実に5年間の長期にわたって太田プロ派閥のアイドルが1位になっていた時代なのである。逆に太田プロではないアイドルは、1位にはなれなかった時代でもあった。

 太田プロではないアイドルは不満だったろうし、芸能プロダクションも不満だったろう。太田プロでなければ、結果的に1位をとれないのだから。

 太田プロではないアイドルが1位をとったのは、第6回総選挙の渡辺麻友のみ。彼女は尾木プロ所属。例外的な人事であった。

 しかし翌年以降はまた太田プロが強くなり、2年連続で指原莉乃が1位をとる。

 再び、太田プロの時代が始まったわけだ。

 

 ここまで不自然なほど太田プロが強い。

 また太田プロどうしが戦った場合、片方が損する結果にならない。

 そして尾木プロにも花をもたせる結果になっている。

 

 なんとゆうか、バランス感覚が完璧すぎて、選挙結果というよりも人事の結果という感じてしまうのは、私だけだろうか?

 「神の見えざる手」が働いているように感じてしまうのは、気のせいか?

 これらの結果をふまえつつ、2017年の総選挙を予想してみよう。