厚生労働省は26日、月80時間超の時間外労働が疑われる2万3915事業所のうち、43%に当たる1万272事業所で違法な時間外労働を確認し、是正勧告を行ったとする平成28年度の監督指導結果を発表した。
月100時間超の時間外労働が疑われる事業所を対象にした前年度に比べ、監督指導の数は大幅に増えた。

厚労省によると、違法な時間外労働があった事業所のうち“過労死ライン”とされる月80時間を超えていたのは7890カ所。月200時間を超えていた事業所も236カ所あった。
また、残業代などの賃金不払いが1478カ所、健康診断未実施など健康障害防止措置の不十分が2355カ所で確認された。製造業や運輸交通業で違法な時間外労働が多かった。

厚労省は「指導により是正されても違反を繰り返す恐れがあり、粘り強く指導していく」としている。

配信2017.7.26 18:54更新
産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/170726/afr1707260033-n1.html

コメント一覧
指導とか何ぬるい事言ってんの?
粘り強く指導なんて甘いこと言っててもなくならないよ
物理的な刑罰が必須
指導じゃなくて制裁の間違いだろ。
下請けを含めて公共事業への参入を不可能にしろ
是正の次に、業務改命令 へ変更しれ
2万3915事業所が氷山の一角だと思うと怖すぎる
頭おかしすぎ
経産省「は?企業経営者様が困っておられるだろ!」
さすがお役人最高だなオイ
な?公務員って楽な仕事だろ?